人気ブログランキング |

Seoulの風だより

seoulpalam.exblog.jp ブログトップ

タグ:韓国語 ( 3 ) タグの人気記事

街でみかけたおもしろネーミング①    길거리에서 본 재미있는 간판 ①

9月に入ってから、爽やかな気持ちのいい日が続いています。雲一つない!快晴の日もありました。
9월이 되어 상쾌한 날씨가 계속되고 있습니다. 어떤 날은 구름이 한 점도 없었습니다.


e0201021_21542418.jpg



さて、ソウルの街を歩いていると、ユニークなネーミングの看板をよく見かけます。面白いモノ、えーこんなことばも店名にするんだ~という珍しい名前、日本ではまずない(できない!)だろうなあと思う名前などなど。
以前ブログでも、名前が面白くて思わず入ってしまった『カムジャロウジュジョンボッ/ジャガイモで宇宙を征服』をご紹介しましたが、今でも印象に残る店名です(その時の記事はこちらです)。

서울 길거리를 걷다보면 유니크한 이름의 간판을 잘 봅니다. 재미있는 이름, 특이한 이름, 그리고 일본에서는 볼 수 없는(못하는) 이름, 등등...
이전에 이 블로그에서, 이름이 재미있어서 들어간 호프집 "감자로 우주정복"을 소개했는데 지금도 기억에 남아 있는 이름입니다.


今日はそんな面白ネーミングの看板を少しご紹介します^^
오늘은 그런 재미있는 이름의 간판을 몇 개 소개하겠습니다^^



まずはこちら、『コギヤ ミアネ』です。日本語にすると、「肉よ、スマン」。
何の店か、わかりますか?102.png
첫번째는 여기, "고기야 미안해"입니다.



e0201021_00590692.jpg



肉に謝らなければならないほどおいしい(!?)、刺身、魚料理の店です。入ったことはないのですが、かなりの人気店のようですので味もいいと思われます…!
初めて見たのはもうだいぶ前ですが名前のインパクト強かったです。逆転の発想ってやつでしょうか、そうくるか~と^^
고기에게 사과해야 할만큼 맛있는(!?) 횟집인가봐요~. 저는 들어가본 적이 없지만, 인기가 많은 것 을 보니 맛있는 것 같습니다...!
처음에 봤을 때 이 이름은 정말 인상적이었습니다. 발상의 전환이라고 할까요?^^



では、肉も負けていられません! こちらの店は、、、
그럼 고기도 질 수는 없겠죠! 이 식당은...



e0201021_01424409.jpg





『マヤッコギ』、日本語だと「麻薬肉」…ちょ、ちょっと怖いかも…^^;
韓国ではこの「マヤッ(麻薬)」ということば、店名として時々見かけます。代表的なのはクァンジャン(広蔵/광장)市場にある人気店『マヤッキンパッ(麻薬のりまき)』でしょうか。一度食べたらやめられない、ということは十分伝わるのですが、ストレートに店名に使うところが大胆です。日本では「誤解を生むかも…」と考えてまず使われないんじゃないかなぁ。。「まやく」ということばの捉え方に少し差があるのかもしれません。

"마약고기"라네요... 일본어로 생각하면 좀 무서운 것 같습니다...^^;
한국에서는 이 "마약"이라는 말을 쓴 가게이름을 가끔 봅니다. 대표적인 것은 광장시장에 있는 인기상점 "마약김밥"인가요? 한번 먹어보면 꼭 다시 먹고 싶어진다...는 의미라는건 충분히 전달되지만 이렇게 그대로 식당이름으로 쓰는 것이 담대한 것 같습니다. 일본에서는 "오해가 생길 수도 있다..."라고 생각해서 아마 쓰이지는 않을겁니다. "마약"이라는 말에 대한 인식의 차이가 좀 있을지도 모르겠습니다.



肉と魚のネーミング勝負、私としては「コギヤ ミアネ」に軍配! 
고기와 생선의 네이밍 승부, 저는 "고기야 미안해"에 한표 던집니다!



さて、次はこちらです。    다음은 이 가게입니다.



e0201021_00592450.jpg





『ヨチンパロセンギョ』とあります。日本語では「彼女がすぐできる(よ)」ですネ。
大学近くにあるので、ねらいはいいかな^^「彼女がすぐできるよ!」というキャッチコピーならありそうですが、店名になっているところがスゴイ104.png

"여친 바로 생겨"라네요~. 대학교 근처에 있으니까 잘 먹힐 것 같습니다^^ 그래도 이것이 가게 이름이라니,...!



これは、反対側の歩道から撮ったので小さいですが、左上の看板です。
이것은 반대쪽 인도에서 찍어서 좀 작지만, 왼쪽 위에 있는 간판입니다.



e0201021_19470378.jpg


e0201021_20002414.jpg



『チョコレッチクァ』とあります。これは、『チョコレート歯科』という歯科医院ですね。
ますます虫歯になりそうな気もしないでもないですが…105.png、子どもたちには受けがいいかも?!
"초콜렛치과"라고 하네요~. 오히려 충치가 심해질 것 같은데...^^; 아이들을 겨냥한 이름이네요...



ソウルには美容室もたくさんありますが、    서울에는 미용실도 많이 있는데,



e0201021_19473210.jpg



『ヘオ マスルカウィ』、日本語にすると「ヘア 魔術のはさみ』。はさみさばきが華やかそう~。
"헤어 마술가위"... 가위 솜씨가 화려할 것 같습니다~.


その20mほど先にもまた美容室が。    그 20m 앞에도 다른 미용실이 있습니다.


e0201021_19480272.jpg



『モリケヒョッ』、、、こちらは『髪型改革』と訳せるかな。
魔術にしようか? 改革にしようか…? はは 
日本で日本語の美容室名って、最近は少ないような気がしますがいかかでしょうか。韓国の美容室は英語っぽい名前もありますが、ハングル名も多いです。
"머리개혁"라는 이름입니다.
마술로 갈까? 개혁으로 갈까? ㅎㅎ
요즘 일본에서 일본식 이름의 미용실은 즐어든 것 같은데 어떨까요? 한국의 미용실은 영어 이름도 있지만 한글 이름도 많습니다.




さて、最後はこちらです。    자, 마지막으로 이것을 소개합니다.



e0201021_01090712.jpg



『ミッチンノガリ』とあります。韓国語の『ミッチダ(미치다)』は、テレビでも映画でも、また日常生活でもとてもよく使われることばです。日本語だと「狂った」とか「(気が)おかしい」という意味ですね。日本語だと最近は使うのに少し繊細な面があるように思いますが、韓国では「ミッチゲッタ」「ミッチョッソ」「ミッチン○○(これは悪口に多い^^;)」などなど、感情表現として普通にみんなが使っています。(あ、もちろん親しい間柄というのが原則にはありますが。) そうそう、歌の歌詞にも多いですネ。
私は、「わ、これを店名にも使うんだ~」とちょっとびっくりしたのですが、韓国の人にとってはそれほど(全然?)違和感はないんだろうな~。
この看板『ミッチンノガリ』は直訳すると『狂ったスケトウダラの干物』ですね^^; ノガリは代表的な酒のツマミなので、めちゃくちゃ美味いツマミの店、なので酒も美味い店、なんでしょうネ^^

※『ミッチダ』はほかに「達する、及ぶ」という意味もあるので、文脈によって判断する必要があります。日常よく聞くことばは一つ目の意味がほとんどですが。。

こういうネーミングを見ていても、日韓の微妙な文化差異を感じることがあって面白いです102.png

"미친 노가리"라는 가게입니다. 한국어 "미치다"는 방송, 영화, 그리고 일상생활에서도 자주 쓰이는 말입니다. 일본어로 번역하면 쓰기에 불편할 때가 있는 것 같습니다. 그렇지만 한국에서는 "미치겠다" "미쳤어" "미친 ○○(이거는 욕에 많은가봐...^^;)"등등, 아주 흔한 말입니다(물론 친한 사이에서... 라는 원칙이 있겠지만). 아, 그리고 노래 가사에도 굉장히 많이 나옵니다.
저는 "와... 이 말을 가게 이름으로 쓰는구나~"라고 좀 놀랐지만, 한국 사람들에게는 그런 거부감이 없는 것 같습니다.
아무튼, 이 가게는 노가리가 미치도록 맛있고, 술도 맛있는가봅니다^^


이런 네이밍을 보고 있으면 한일의 미묘한 문화 차이를 느낄 때가 있어서 재미있습니다^^



これまでソウルの街を歩きながら、あるいはバスや車に乗りながら、いろいろユニークな名前の看板(お店)を見かけました。それが思いの外たくさんあって面白いので、ブログで紹介したいなあと思いつつ写真を結構撮っていました。でも、まとめて保存していなかったのであちこちに散らばって保管してあり、いざ記事を書こうとしても写真がすぐ見つからず、時期を逸しておりました。。(今回のは、2日間くらいの間にまとめて撮ったものです。)

지금까지 서울 길거리를 걷거나 차를 타면서, 여러가지 재미있는 이름의 간판을 봤습니다. 그것이 생각보다 많이 있어서 블로그에서 소개하고 싶어서 사진을 많이 찍었습니다. 그렇지만 사진을 정리하지 않아서그 어디에 뭐가 있는지 못 찾아서 올릴 수가 없었습니다... (오늘 기사 사진은 이번 여름에 이틀동안 찍은 것입니다.)


これからはフォルダーを作って保存して、第2弾、3弾とご紹介できたらなあと思っています^^ 
みなさんももし(韓国でも日本でも)面白いネーミングの看板を見つけたら、お知らせいただけると嬉しいです!

앞으로는 폴더를 만들고 거기에 저장해서 제2탄, 제3탄, 이렇게 소개하려고 합니다^^
여러분도 혹시 (한국이나 일본에서도)재미있는 네이밍의 간판을 보셨으면 저에게 알려주시면 감사하겠습니다!



e0201021_22051445.jpg


by riko-wind | 2017-09-10 22:10 | ことば・本 말・책

今日は何の日?   오늘은 무슨 날?

クイズです。

10月9日(土)、今日は何の日でしょう?   
韓国にいる方々は、すぐにわかりますネ^^。

한국에 계시는 여러분은 오늘 10월9일이 무슨 날인지 잘 아시죠!?001.gif 

ヒントです。

e0201021_1444063.jpg


e0201021_147726.jpg











わかりましたか?


答えは、、、

e0201021_150414.jpge0201021_1511318.jpg




















「ハングルの日(한글날)」です。

「国慶日(クッキョンイル/국경일)」という日に指定されていて、祝日ではありませんが、今日は街じゅうに太極旗が掲げられていました。
朝、テレビでも「世宗大王(セジョンテワン/세종대왕)によるハングル誕生秘話」のような特集をやっていたし、国をあげてこの日を盛り上げているな~、と感じました。

e0201021_1574939.jpg


せっかくの記念日なので、学院の帰りに世宗大王の像がある光化門広場に寄ってみました。
像の周りはいつもにも増してたくさんの人がいました。

e0201021_213812.jpg


 イベントなどもやっていました。
e0201021_252485.jpge0201021_2358026.jpg














私が韓国語を勉強し始めたきっかけの1つに、ハングルという文字のおもしろさがありました。
そうそう、8月に初めて学院に行って習った課の本文が、その話だったっけ。
日本語にすると、こんな文でした。

「15世紀に世宗大王が王位に就く前まで、我が国にことばはあったが、文字がなかった。字を書くために両班たちは漢字を習って使っていたが、大部分の民衆は、漢字がとても複雑で難しかったので、書くことができなかった。民衆を気の毒に思った世宗大王は、学者たちと一緒に、誰でも易しく習えて書くことができる文字を作った。1443年に作られたこの文字は「訓民正音(フンミンジョンウム/훈민정음)」といい、これは「民衆に教える正しい音」という意味だ。これが正に今のハングルだ。ハングルは、子音と母音で構成され、子音は音を出す口の中の模様をそのまま表し、母音は ・(天)、―(地)、|(人)を表して作った。今日では、子音14、母音10だけを使っているが、はじめはもっと多かった。世宗大王は訓民正音を知らせるために、学者たちに多くの本を書かせた。
ハングルという名前は、1913年に国語学者のジュ シギョン(주 시경)が名付けたものだ。我が国ではハングルが作られた時を記念する意味で10月9日を「ハングルの日」に決めた。ハングルはユネスコでも優秀な文字として認められ、世界文化遺産に指定された。」

ちょっと硬いですが…^^;、わかりやすいです。よネ。
私は、このハングルという文字が、「音を出す口の中の様子」と「天・地・人」という、なんともスケールの違う2つの組み合わせで作られているということと、この組み合わせを思いついた奇想天外!?な発想力に感動してしまいました。

e0201021_283011.jpg


제가 한국어를 공부하기 시작한 이유중의 하나는 한글이라는 글자에 흥미를 가졌기 때문이었습니다.
한글의 자음은 발음이 나는 입 안의 모양대로, 모음은 ・(하늘),―(땅),|(사람)으로 만들었다고 알고, 그 둘의 스케일의 차이와 예상도 못 하는 조합의 발상에 정말 감동했어요^^.

世宗大王、偉大だ~。

 ~ ◇ ~ ◇ ~ ◇ ~

話は変わりますが、最近の私の行動を振り返ってみると、

家 → 職場 → 家 → 職場 → 市場 → 職場 → 家… この繰り返し。。
(あ、同僚の方と近くの焼肉屋に行ったっけ。。)

行動範囲、狭っ…!

このごろは気候も良くて、旅行や散策をするにはもってこいなのに、ホントに惜しい。。。007.gif

でも、仕事ですからこればっかりは仕方がありません。
やるべきことを、まずやらないと。
外国に来て、そうやってやるべき仕事があるのはありがたいことなのだ~!と自分を戒めつつ。。

それでも今日は、久々にちょっとだけ行動範囲が広がって(といっても学院までだけど^^;)、リフレッシュできました。
あ、ブログを作るのも良い気分転換です!


e0201021_2293512.jpg






市場には、色とりどりの秋の果物が。 
何を食べてもおいしい、ちょっと危ない季節になってきました^^;。



e0201021_013923.jpg
by riko-wind | 2010-10-09 23:46 | ことば・本 말・책

小さいけど大きい贈り物  작지만 큰 선물

月曜日に研究室を訪ねてきた学生、Aさんの話です。

Aさんは、普段は控えめで恥ずかしがりやなのですが、学生会の主メンバーでもあり、行事の度にあちこち奔走して縁の下の力持ちになってくれている、ガッツのある女の子です。
研究室に入ると、「先生、これ…。」と小さな袋を差し出しました。 あけてみると…

e0201021_2148973.jpg







e0201021_179660.jpg








ホドクァジャ(호도과자)という、胡桃の入ったお菓子です。韓国の人にはおなじみですネ^^。人形焼のような感じかな。
「わ~おいしそうっ。でもどうして?」

※韓国の学生は、授業の前後などに、飲み物やちょっとしたお菓子をくれることがよくあります。はじめの頃はなんだか悪いな~、いいのかな~、、、と戸惑いましたが、他の先生方も同様のようなので、これも韓国の贈り物文化の1つ(!?)と勝手に解釈して、今はありがたくいただいています。でも、研究室まで持ってきてくれたAさんは、何か理由がありそうでした。

「えっとですね…。私、少し前に学生会の後輩達4人と、近くの焼肉屋に行ったんです。それで~」
と、Aさんはそこから怒涛のごとく話し始めました。 全て日本語で!!

・焼肉屋に行ったら、中はほぼ満員だったので、外のテーブルに座って食べたこと。
・そこにいる客はどうやら自分達以外は全て同じ団体客のようだったこと。
・突然男の人に話しかけられ、その団体客の中の数人とAさんたちのメンバー数人の席を交換しよう!と言われて、戸惑いながらもそうして、団体客の人と飲むことになったこと。
・話していたら、その団体は全員日本人の大学生(男子!)ということがわかり、今研修でこちらに来ているらしいということ。

などなど。。
なかなかおもしろそうな話なのですが、ここまで聞いても、私には全く身に覚えがなく、ホドクァジャとの関係も全然見えてきません…^^;。

まだまだ話は続きます。

・その人たちは韓国語が全くできなかったので、日本語で話したこと。
・後輩は日本語がまだあまりできない子もいたので、Aさんが間に入って通訳のように日本語・韓国語を駆使していたこと。
・日本人学生はみんないい人で話が弾み、気が付くと3時間ぐらい!ずっと話していたこと。

うんうん、そうなんだ~。楽しそう^^。それに、Aさんすごいじゃない!
(でもまだ関連がイマイチ見えてこないぞ~。。)025.gif

「先生、、私は去年復学したとき、日本語をすっかり忘れてしまっていて、ある授業の自己紹介で私だけが韓国語で話したんです。とっても悲しくて、悔しかった。」
「焼肉屋で日本人学生と話しているとき、うわっ、私今日本語でこんなに話してる!どんどん日本語が出てきてる~!と自分でもびっくりしたんです。それで、そのとき頭に、去年のあの自己紹介のこととか、つらかったこととか、先生のことが浮かんできて…。」

その後、目をうるませてしばらくことばが出てきません。。
その様子をみて私もちょっとうるうる。。

「…それで、あ~私もこれだけ話せるようになったんだ~、と少し自信を持つことができたんです。先生にありがとうって言いたくて。。(再びうるうる…)」

そうだったのか~!やっと焼肉屋の話が理解できました。 (すっきり!!)
Aさんの気持ちが、とても嬉しかったです。

でも、私がこれまでAさんと接した時間は、本当にわずかなもの。
そこまで力がついたのは、他のなにものでもなく、Aさんの日々の努力の結果でしょう。
よくがんばったな~!


それから、ふと自分のことを振り返ってみました。
私も今韓国語を勉強しているけど、Aさんのように「自分でもびっくりする」ような経験は、まだありません。
語学を学んでいて、自分でその上達を感じることって、なかなかないものです(よね?^^;)。
Aさんの体験、羨ましかったです。

今私は、せっかく韓国に住んでいるのだから、韓国の人たちとたくさん触れ合って、こちらの人の考えを聞いて、自分の考えも言って、いろいろなことを心行くまで話したい!と思っています。何気ない日常のことだけでなく、それぞれの社会のこと、政治のこと、歴史や文化のこと、人生のこと…、いろんなことを話したい。話すことが大切だと思うので。

でも、それにはまだまだ韓国語力が足りません。。これまでに、そんなちょっと深い話をする機会も何度かあったけれど、結局言いたいことがうまく伝えられなくて、もどかしい思いが残ってしまうことが多々ありました。

だから、「韓国の人たちと心行くまで語り合うこと!」これが今の私の韓国語学習のモチベーションです。
Aさんの話を聞いて、見習わなければと思うとともに、決意を新たにしました。(その気持ち、続いてくれよ~^^;)
頑張ろ~!066.gif


월요일에 한 학생이 연구실을 찾아 와서 저한테 호도과자를 줬습니다.
그학생A상은 학생회의 주멤버이고 행사마다 열심히 활동하고 있는 명랑한 여자입니다.

근데 왜 줬는지 몰라서 물어 봤습니다.
A상이 전부 일본어로 긴 이야기를 시작했습니다.

조금 전에 학생회의 후배랑 같이 고기집에 갔는데 그곳에서 일본인학생단체를 만났다고.
그리고 그 학생들이랑 술 마시면서 3시간쯤 계속 일본어로 이야기했다고.
이야기하면서 자기가 이렇게 일본어를 유창하게 말하는것에 정말 놀랐다고.

A상은 작년에 복학했는데 그때 일본어를 다 잊어버려서 수업에서 자기만 한국어로
소개하느라고 그것이 정말 슬프고 분했다고…

일본학생랑 이야기하면서 문득 머리속에 작년의 그 분한 경험과 선생님이 떠올라 왔다고.
지금 이렇게 일본어로 말할 수 있어서 자신감도 조금 생겨 왔다고.
그래서 선생님한테 감사해서 선물을 갖고 왔다고 했습니다.

저는 이 이야기를 듣고 정말 기뻤지만 A상의 지금의 실력은 제 힘이 아니라 A상이
그동안 노력한 결과라고 생각합니다.


근데 제 한국어 공부를 돌이켜 보면 지금까지에 A상처럼 자신이 놀라던 경험은 아직 없습니다.
오늘은 A상의 그 경험이 부러웠습니다.

저는 한국에 살고 있는 이 기회에 한국사람들의 생각을 많이 듣고 제 생각도 많이 말하고
여러가지 마음껏 이야기하고 싶습니다.
그냥 일상생활뿐만 아니라 우리 사회, 정치, 역사, 문화, 인생…, 많이 이야기하고 싶습니다.
이야기하는 것이 정말 중요하잖아요!?

그래도 제 한국어가 아직 부족해서 그렇게 이야기하려면 아직 멀었습니다…
그동안 그런 이야기를 하는 기회도 있던데 제 뜻을 잘 못 전해서 안타까운 때가 있었어요.

“한국 사람하고 같이 마음껏 이야기할 것”
그것이 지금 제 한국어공부의 큰motivation 입니다!066.gif


あ、その後のAさんとの会話です。

私:「それで、その日本人学生とは、メールアドレスの交換とかした?」
Aさん:「それが…、しなかったんですよ~。」 ←本来の恥ずかしがり屋の性格がのぞいちゃったかな?
私:「ザンネン~。でも本当にいい機会でしたね。 じゃ、このホドクァジャ一緒に食べようか。」
Aさん:「いえいえ、明日は卒業写真撮影ですから、今日はもう食べません!!」 

ははっ003.gif

1時間ほど夢中になって話したAさん(これだってすごいことだよね~!)、笑顔で部屋を後にしました。
by riko-wind | 2010-09-29 23:40 | 学校の話 학교의 이야기
line

2010,3からの韓国ソウル生活。風のごとく気ままに綴ります。


by riko-wind
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31