Seoulの風だより

seoulpalam.exblog.jp ブログトップ

ソウル広場へ     서울광장으로

週末、ソウル市庁前にあるソウル広場に行ってきました。
주말에 서울광장에 갔었습니다.

e0201021_1315136.jpg


セウォル号の事故の後、4月27日からソウル市庁前には合同焼香所が置かれています。当初は1ヵ月ほどの予定だったようですが、まだ行方の分からない方がいて捜索が続いていることもあり、続けて置かれています。既に1か月以上過ぎていますが、私が行ったこの週末もたくさんの方がいらしていました。

세월호의 사고 이후,4월27일부터 서울 시청앞에는 합동분향소가 설치되어 있습니다. 처음에는 한 달정도 예정되었 던 것 같습니다만 아직도 실종하는 분들도 있으며 수색이 계속되어 있기 때문에 지금도 설치되어 있습니다. 벌써 한 달이상 지난데도 제가 가던 이 주말도 많은 사람들이 와 있었습니다. 


e0201021_1441779.jpg


e0201021_1443855.jpg



焼香所の隣には、「願いと追悼の壁」があり、たくさんの黄色いリボンとメッセージが。
분향소 옆에는 "희망과 추모의 벽"이 있으며 노란색 리본 메시지가 많이 있었습니다.

e0201021_14194093.jpg



子どもたち、それに親子連れの方も多く来ていました。
아이들, 그리고 가족도 많이 와 있었습니다.

e0201021_14203223.jpg


e0201021_14211531.jpg


e0201021_14213447.jpg



リボンや、壁に書かれたメッセージには、幼い子どもたちのものも多くありました。1つ1つ読んでいるとだんだん胸が詰まってきて、そのうち読み進めることができなくなり。。
리본이나 벽에 쓰여 있는 메세지에는 어린 아이들이 쓴 것도 많이 있었습니다. 하나 하나 읽고 보면 점점 가슴이 막혀서 읽기가 힘들었습니다...

e0201021_14301022.jpg


e0201021_14303858.jpg


e0201021_1431175.jpg



そして、芝生の一角には黄色い紙で折った船が、ハート型に置かれていました。
그리고 광장의 일각에는 노란색 종이로 만든 배가 하트형에 두어 있었습니다.

e0201021_14514362.jpg



この船の1つ1つにも、メッセージが書かれています。
이 배들에도 메세지가 있습니다.

e0201021_14535428.jpg


e0201021_1454117.jpg



ようやく追悼に来ることができたソウル広場でしたが、ここに来てみて、今回の事故(事件)の重さ、社会に与えた衝撃の大きさを改めて感じました。そして、多くの方がメッセージに書いていた「ごめんなさい」ということばが、責任ある「大人」である私にもずしりと響いてきます。

겨우 추모로 서울 광장에 올 수가 있었습니다만 여기에 와서 이번 사고(사건)의 무거움, 사회가 받은 거대한 충격을 다시 느꼈습니다. 그리고 많은 사람들이 메세지에 남긴 "미안하다"라는 말이 책임 있는 어른인 저에게도 깊게 울립니다.



「ごめんなさい」ということばで、もう1つご紹介したいニュースがあります。先週、ある番組で放送されたものです。
『「友達の携帯に…」、埋もれるところだった最後のことば、保護者がその声の主を見つけ出す』
というものです。下のURLをクリックして、ぜひ映像をご覧ください。

"미안하다"라는 말에 대해 하나 더 소개하고 싶은 뉴스가 있습니다. 지난주 한 브로그램에서 방송된 것입니다.
"'친구 폰에…' 묻힐 뻔한 마지막 인사, 학부모들이 주인 찾아"
라는 제목입니다. 아래 URL을 글릭하시고 영상을 꼭 보십시오.



http://news.jtbc.joins.com/html/426/NB10486426.html


~セウォル号で犠牲になった高校生、キム・ヨンウンさんのことばは、ご両親に永遠に届かないところでした。友達のパク・イェスルさんの携帯を借りて残したからです。でも、この声を発見したイェスルさんの家族は、必ず声の主を見つけだそうと奔走し、保護者たちの協力のもと、ヨンウンさんだという事実を明らかにしました。~


このヨンウンさんのお母さんは日本人、お父さんは韓国人だそうです。ニュースの映像で、ヨンウンさんが友達の携帯に残した最後のメッセージが流れます。
이 고 김영은상 어머니는 일본사람, 아버지는 한국사람이랍니다. 뉴스 영상중에 영은상이가 남긴 마지막 메세지가 나옵니다.

「オンマ、オンマミアネ、アッパド、ノムミアナゴ…。オンマチョンマルミアネ。クリゴサランヘ、チョンマル」
「お母さん、お母さんごめん、お父さんもホントにごめん…。お母さんホントにごめん。そして愛してる、ホントに」


極限の状態の中にいて、もうこれで最後かもしれないという言い尽くせない恐怖の中で、「お母さんお父さんごめんなさい」ということばを残したヨンウンさん。。。死ぬかもしれないという恐ろしさより、これまで育ててくれた両親にすまないという思いが溢れてくるそのやさしさと愛情の深さ、、、本当に胸が張り裂けるようです。(これを作っている今も涙腺が…。)

극한의 상태에 있으며 이제 마지막일지도 모르는 말로 표현하지 못한 공포안에서 "엄마 아빠 미안해"라는 말을 남긴 영은상... 죽을 지도 모른다는 공포보다 지금까지 키워주신 부모님께 미안하다는 생각이 넘치는 그 다정함과 애정의 깊음... 정말 가슴이 터질 것 같습니다.(이 글을 만들면서도 눈물이...)


さらに、後半に登場されるヨンウンさんのご両親のことばも胸を打ちます。
그리고 후반에 나오시는 영은상 부모님의 말씀도 가슴에 울립니다.

お母さん;「ヨンウンなら、そんな風に言いそうです。オンマ、ミアネとか、アッパ、サランヘ。そんなことばを言いそうです。」

~ご両親は、ヨンウンさんが永遠に旅立ったのではなく、引っ越したのだと信じています。~

お父さん:「この先、残った子どもたちともっと一生懸命生きないと。そうすれば引っ越したこの子に会うのにいいでしょうから。」

~間違ったのは大人たちなのに、逆にごめんなさいというヨンウンのことばは、全ての人の心を涙で濡らします。~



映像でヨンウンさんの声を聞くのはとても辛いですが、そうやって残してくれたメッセージの意味と、悲しみを乗り越えて前を向いていらっしゃるご両親から、多くのことを学ぶべきだと感じます。

영상에서 영은상 목소리를 듣는 것은 너무 슬프고 힘들지만 그렇게 남겨준 메세지의 의미와 슬픔을 극복해서 앞을 보고 계시는 부모님께 많은 것을 배워야 한다고 생각합니다.


e0201021_1674278.jpg

[PR]
by riko-wind | 2014-06-02 22:08 | 生活雑記帳 생활잡기장 | Comments(2)
Commented by mickimchi at 2014-06-10 11:08
昨日電車の中で、ブログを読んで涙が出て困りました。

日本でも事故当時は連日ニュースで取り上げられてましたけど、最近は船会社オーナーの事とか、韓国社会の色々な問題とかばかりの報道です。

お母さんが日本人の高校生も行方不明と事故当初伝えられていたので、どうなったのだろうと思っていました。
韓国で地下鉄に乗ると、とっても仲のいい家族連れを見かける事が多くて、中にはもうびっくりするくらいのスキンシップで、「日本人だったら家族でも照れがあってあんな風にはできないよねぇ。」などと夫と話していたので、お子さんを亡くされた方達の悲しみはいかばかりかと思います。

黄色いリボンと黄色い折り紙であふれたソウル広場の様子、教えていただきありがとうございました。
Commented by riko-wind at 2014-06-11 10:48
☆mickimchiさん
こちらこそ、読んでくださってありがとうございます。

子を思う親の気持ち、親を思う子の気持ちは世界共通ではありますが、韓国には儒教の影響が根付いているからなのか、その絆の深さに圧倒されるような時がままあります。
このヨンウンさんのこともそうですし、韓国人の友達とその家族を見ていても時々それを感じます。

びっくりするくらいのスキンシップ、ホントにそうですね…。欧米ともまた違う、韓国ならではの何かがあるようです。

mickimchiさんのおっしゃるように、残されたご両親の悲しみは計り知れず…、画面での気丈さの裏には、とてもつらい時間の積み重ねがあるのだろうなあと思うと、ホントに胸が痛いです。

まだ10名あまりの方が行方不明ですので、少しでも早く全員の方が見つかることを願ってやみません。
line

2010,3からの韓国ソウル生活。風のごとく気ままに綴ります。


by riko-wind
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30