Seoulの風だより

seoulpalam.exblog.jp ブログトップ

心で知る韓国       마음으로 아는 한국

9月に入りました。今朝の空気は本当に爽やかで、空はもう秋の気配が感じられました。
9월에 들어왔습니다. 오늘 아침 공기는 정말 상쾌하고 하늘에는 이제 가을 분위기를 느꼈습니다.

e0201021_18331262.jpg


でも、8月末には台風が続けて2つ、韓国を通り過ぎて行きました。台風15号ボルラベン(볼라벤)が来た28日午後5時ごろ、強風に乗って雲がどんどん流れていく様子です。
하지만 8월말에는 태풍이 2개 한국을 지나갔습니다. 태풍15호 볼라벤이 왔던 28일 오후5시쯤, 강풍을 타고 그름이 빨리 흐르는 모양입니다.

e0201021_13213831.jpg


この2日後、さらに台風14号テンビン(덴빈)が北上しました。ソウルはそれほど大きな被害はありませんでしたが、南部地域などは、農作物などにたくさんの被害があったようです。。>< 韓国にはあまり台風が来ることはないので、こちらの方々もとても驚いていました。
2일후에 더 태풍14호 덴빈이 북상했습니다. 서울은 그렇게 큰 피해가 없었지만 남부지역등이 농작물에 큰 피해가 있다고 합니다... 한국은 별로 태풍이 안 오는 편인데 이번은 한국 사람들도 놀랐답니다.



さて、前回お知らせしてから更新が遅くなってしまいましたが、先日来てくださったYさん・SGさんからいただい
た本を2冊ご紹介します。
이번은 8월에 오신 Y상, SG상이 주셨던 책을 2 권 소개 드립니다. 전회 알려 드렸는데 그때부터 시간이 많이 지내 버렸네요...^^;

まず『心で知る、韓国』、文庫本です。 하나는 "마음으로 아는 한국"입니다.

心で知る、韓国 (岩波現代文庫)

小倉 紀蔵 / 岩波書店



裏表紙には、内容について以下のように紹介されています。

「韓国人は、日本人とどう違うのか。その行動と意識にはどのような特質があるのか。本書は韓国の文化、社会、思想、哲学に通じた気鋭の研究者が、愛・身体・宗教・人間関係・美意識・時間・空間・他者など計12のキーワードを分析し、お隣の国の謎を徹底的に読み解く。韓国人に関して、『なぜ? どうして?』と湧いてくる疑問に対して、極めて有益なヒントが満載されている。」


作者の方ははじめに、「韓国人の心」について語るが、それはもちろん韓国人全体に絶対的に当てはまる不変の公理ではなく、例外はいくらでもあることを確認しておくことが大切である、と断った上で、書き進めています。


うーん、おもしろい。。 私、一気に読んでしまいました。これまで疑問に思っていたことについても、確かに有益なヒントになる内容がいくつかありました。
とても印象に残ったところもあるのですが、語り始めると止まらなくなりそうなので^^;、それについてはまたの機会にしようと思います。

作者の方は韓国での生活経験もあり、韓国がとても好きだと思いますが、努めて客観的な視点で述べられている(と私には感じられた)所にも、好感を持ちました。


芸能やドラマ、モムチャン、整形といった話題から、宗教や文化、社会、ことばなど柔硬様々な見方で韓国を捉えていて、興味深く読めると思います^^。


韓国でも、『心で知る、日本』という本を書いてくれる人がいたらいいなぁ。。
한국에서도 "마음으로 아는 일본"라는 책이 있으면 좋겠네요... 그런 책을 알고 계시면 알려주세요^^



そして、もう1冊は、SGさんこと大塚茂樹さんが書かれた本、『まどうてくれ ~藤居平一・被爆者と生きる』です。
그리고 더 하나는 오오쯔카 시게키상(SG상)이 쓰셨던 "마도우테쿠레 ~후지이 헤이이치・피폭자와 살아 간다"입니다.

まどうてくれ  ~ 藤居平一・被爆者と生きる

大塚 茂樹 / 旬報社




大塚茂樹さんは編集者であり、作家でもあります。 私、こちらはゆっくり読みたいと思い、実はまだ未読なのですが、お話を聞いてみなさんにもご紹介したいと思いました。 

本の帯にある「おわりに」の一部です。

「いま日本社会は東日本大震災と巨大原発事故で未曾有の困難に直面しています。
 ・・・放射能の恐怖に直面する現実は、かつて熱線と放射線で破壊した二つの都市の存在を、そして66年前の廃墟から蘇っていった人びとの苦難の歴史を想起させるものがあります。この状況において、被爆者とともに起ち上がり、誰よりも人間の絆を大事にして地域と社会に貢献する人生を選んだ藤居さんが顧みられてほしいと思います。」

藤居平一さんという方は、生涯にわたって、被爆者の方々と共に被爆者救援のために闘い続けたそうです。作者の大塚茂樹さんは、その藤居さんの生涯を通して、被爆者の方々の生きてきた道と思いを伝えたい、という熱い思いで、この本を執筆されたのだと思います。

「まどうてくれ」というのは、「償ってくれ、元に戻してくれ」という意味だそうです。

今の問題ともつながる放射能の怖さ、核の脅威・・・。じっくりと考えていかなければならないことですよね。


e0201021_20234182.jpg




Yさん、茂樹さん、楽しい時間とステキな本をありがとうございました!

Y상, 시게키상, 즐거운 시간과 멋진 책을 고마웠습니다!


[PR]
by riko-wind | 2012-09-02 21:07 | ことば・本 말・책 | Comments(0)
line

2010,3からの韓国ソウル生活。風のごとく気ままに綴ります。


by riko-wind
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30